スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

次回への気配をはらみつつ・・・
次回Oterartへの気配をはらみつつも、ブログが更新されなのも寂しいので
いろいろつづっていきたいと思います。

今年は、暑い暑いと言い続けた夏ではありましたけれども、
個人的にはやはり夏が大好きです。
あの暑苦しい蝉の鳴声も今では恋しいものです。

蝉というと夏に生まれ、夏に死んでいく、夏を代表する虫なので
夏のことは蝉に聞け!!!!!
と言っても過言ではないと思っていたのですが、
中国のお坊さん、曇鸞(ドンラン)はこう言います。

「蝉は春や秋を知らない。だから蝉は夏ということも、また知らない」

蝉が夏に鳴くことを知っているのは
春、秋、冬を知っているものだけです。
夏に生まれ、夏に死ぬ蝉は決して夏を知ることはできないのです。

夏を知ることは春、秋、冬を知ることにつながります。
春、秋、冬を知るということは夏を知ることでもあります。

いろいろなことに通じるのではないでしょうか?

Oterartに来た人も、来れなかった人も、来年はぜひ!と思っている人も
ブログを通じてOterartの一端を知ってもらえればと思います。 合掌・聞
スポンサーサイト
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

Oterart終了しました!
 なんだか最近は暑い暑いといいながらも、朝晩は少しずつ秋の気配が漂い始めて気がしますね。そんな秋の気配をはらみ始めて、さあ芸術の秋に突入するぞというなか、昨日というかもう一昨日になってしまいましたが、第一回Oterartが無事終了致しました。予想を超えて、沢山の方にご来場頂きました。ありがとうございました!
 しかし、それもこれも、沢山のかたのご協力あってのことと思っております。この、Oterart開催にあたって様々な形で協力してくだすった皆様、本当にありがとうございました。そして、また来年も開催する予定でおりますので、その時はまたよろしくお願いします。
 最後に、秋の気配を感じるこの時節にちなんだお話を書いて終わりたいと思います。よく夏が終わって秋になるとか、冬が終わって春になるなんて表現を良く使うと思います。しかし、私がこのあいだ読んでいた何か(すいません、何で読んだのかは忘れてしまいました)では、夏が終わって秋がくるのではなく、夏のあいだに秋の気配をはらみ、そして秋へと季節が移り変わっていくのだということが書かれていました。なるほど、上手いというかそのとおりといった表現ですよね。
 といったところで、Oterartも季節のように終わりを迎えたのではなく、次への何かをはらみ移り行く過程のひとつになれましたでしょうか?という、疑問を投げかけつつ今回のOterartの開催期間が終了致しましたという報告を終わりたいと思います。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

クラシックの演奏が開催されました
 昨日9月10日18時30分より聞善寺において、クラシックの演奏会が開催されました。先日の雨で少し涼しくなったとはいえ、まだ少し蒸し暑い夕暮れ時の開催となりましたが、大勢のかたが聞きに来て下さりました。お寺での開催ということで、クーラーも無く扉を閉め切ると暑いので、窓や戸を開け放っての演奏会だったので、お寺の外にもチェロとバイオリンの音色が響き渡り、道行く人もその音に耳を傾けながらの帰り路となっていたようです。夏の終わりにお寺に響き渡る、チェロとバイオリンの音色。なんだか、こういうのもまた赴きがあっていいですね。伊田直樹さん、伊田多喜さん、お集まり頂いた皆さんありがとうございました。


聞善寺での演奏会の様子

 さて、この暑さはまだまだ続くようですが、Oterartは明日9月12日(日)が最終日となっております。あいにくのお天気になりそうな感じなのですが、まだまだ沢山のかたのご来場をお待ちしておりますのでよろしくお願いします。また、このOterart来年以降も開催の予定です。また詳しい日程などはブログでアップしていきますので、またちょくちょくチェックして頂ければうれしいです。それでは、また明日お待ちしております。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

小学生が出来あがった作品を持ってきてくれました!!
 先日ブログにも書きましたが、近所の小学生がOterartに来て書いた絵と川柳の作品が出来上がりました!!ということで、今日先生と一緒に各お寺に持って来てくれました。ありがとうございます。どの絵も、皆一生懸命に描いてくれて、とても上手に出来上がっています。さらに、その出来上がった絵についている川柳もなかなかのものです。なんだか小学生の素直な気持ちが溢れ出ていて、見ているとものすごく心温まる作品になっていました。
 この作品も今日から各お寺に展示してありますので、皆さん見に来てくださいね!
 最後に、こんなに素敵な作品を持ってきてくれた、明成小学校の四年生の皆さんありがとうございました。また、、皆も自分の作品が展示してある様子を見にお寺に遊びにきてね!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

雨のoterart
 今日は台風が接近している影響もあり、一日中雨模様の空でしたね。今日でoterartも開幕してから六日がたちました。ちなみに、今日のお昼MROラジオさんの番組のなかでoterartのことを取り上げていただきました。ということで、雨のoterartということで、雨にちなんだ作品(ちなんでいるかどうかは私の勝手な選択によるものなので、作家さんの意図とは全く関係ございませんので、ご了承とご理解のほどよろしくお願いします)をいくつか紹介したいと思います。
 まずは、鳥も雨宿りということで、聞善寺で雨宿りする鳥達です。ちなみにこの鳥は伊藤由紀子さんの作品で、陶器で出来ているそうです。他にも沢山の鳥達が雨宿りに来ていましたよ。



 次は、雨にあたると形を変えいつかは崩れ去ってゆく泥を使った作品です。里さんの作品で名前は「儚い時間」です。「雨にあたると崩れちゃうから外には展示できませんね」といったら、「逆に徐々に姿を変えてゆくさまがいいんですよ」といった回答が返ってきました。今回は屋内に展示してあるので、雨によって姿を変えてゆくことはありませんが、もし機会があればその姿も見てみたいですね。



 最後は、長い年月雨風にさらされて来たアンコールワット。それと同じく雨に打たれていた作品で、橋本拓也さんの「砂岩とともに去り行く」です。なぜアンコールワットが出てきたのかというと、橋本さん曰くアンコールワットの石と同じ種類の石で出来ているそうなのです。



 雨のoterartということで少し展示作品を取り上げてみました。また明日からも天気は怪しい感じですが、雨のoterartにも是非会場まで足を運んでいただければと思っておりますので、よろしくお願いします。
 最後に私の記憶と印象を頼りに作品の説明なんかを書いておりますので、何かおかしいところなどがありましたら、寺子屋の会のほうへとお申し出ください。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

近所の小学生達が来てくれました
 昨日近所の小学校の4年生が授業の一環として、oterartに来てくれました。各お寺を見てまわった後、それぞれが印象に残ったものを写生して、その絵に俳句か詩を付けるといったことをしていきました。小学生のエネルギーはやっぱりすごいですね。少し分けていただきたいところです。最後に、皆が帰るとき楽しかったと言ってくれていたので、良かったです。


きれいに並んだ靴達
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

篆刻のワークショップ、梅花流詠讃歌の奉詠終了いたしました。
 9月4日(土)14時から行いました、篆刻のワークショップには定員一杯の人にご参加いただきました。ありがとうございました。私は会場の様子を見に行くことが出来なかったのですが、皆様喜んで帰っていかれたということをお聞きしましたので、本当に良かったです。また、明日にでも皆様の作品の写真を載せたいと思います。池多先生、参加者の皆様お疲れ様でした。また、池多先生と参加者の皆様方のおかげで、このoterartの期間中に歴史と伝統のある篆刻のワークショップを開催することができました。ありがとうございました。


参加者のかたの完成した篆刻です。廣誓寺に展示してあります

 9月5日(日)16時から行いました、梅花流詠讃歌の奉詠には沢山の方にご来場頂きました。ありがとうございました。今回の奉詠会は、師範会のかた5人それぞれの独詠(ソロ)に始まり、最後会場のお客さんと師範会のかた5人とで、「まごころに生きる」という、南こうせつさん作詞作曲の歌の大合唱に終わりました。最後の大合唱の声は夕暮れで少し涼んできたお寺の境内中に響き渡って、とても心なごむ感じでした。師範会の皆様、ご来場頂きました皆様、いろいろとお手伝いいただいた皆様本当にありがとうございました。


師範二人によるデュエットの様子


師範会の皆さんとご来場の皆さんとによる大合唱

9月10日(金)のoterart内行事
 
 聞善寺でチェロ奏者の伊田直樹さんとバイオリン奏者の伊田多喜さんをお招きしまして、クラシックの演奏会を行います。18時30分からですので、皆様夕涼みがてら足を運んで頂けたらと思っております。詳しくは下記の内容となっております。沢山のかたのご来場をお待ちしております。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

oterart始まりました
 皆様今晩は、今日というかもう昨日ですが、作家の皆さんの搬入も無事終わり無事oterart開幕いたしました。今日の夕方の石川テレビさんのニュースでも放送して頂き、またより多くの人に来て頂ければと思っています。


 
 また、このoterartの詳細が9月7日の10時から、石川テレビさんの「リフレッシュ」という番組で放送されますので、皆さん是非みてみてください。その時間はどうしても見られないというかたは、録画機能というものを有効活用してみてはいかがでしょうか。
 
 またブログでも、展示会場の様子をアップしてゆければと思っております。
 
 9月4の日のoterart内行事

 池多 亜沙子先生に教えて頂きながら、篆刻を彫ってゆく篆刻のワークショップです。書に興味のある方や、自分の判子が欲しいという方は是非。しかし、要予約となっておりますので、当日参加されたいというかたがいらっしゃいましたら、一度寺子屋の会事務局までお問い合わせ下さい。詳しくは、下の画像をクリックしてご覧下さい。




 9月5日のoterart内行事

 梅花流石川県師範会による梅歌流詠讃歌の奉詠。奉詠といったら分かりにくいかもしれませんが、梅花流詠讃歌という歌を師範会の方がお唱えする(歌う)、コンサートのような感じです。入場料はございませんので、どうぞお気軽に足をお運び下さい。声明などに興味のあるかたも是非いらしてください。詳しくは、下の画像をクリックしてご覧下さい。



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■
Copyright © oterart金澤 オテラート/お寺×Art-oterart金澤実行委員会-. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。