スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

展示にあたって
展示にあたって

*作品を制作、展示するにあたって、まずお寺の境内、各諸堂を拝観して頂きます。(第一回、二回の説明会にて)それらの場所から受ける印象をもとに、作品、展示場所を決めて頂きます。お寺には、用途によって分けられているお堂や部屋があり、それぞれの意味があります。是非住職に訪ねてください。
その意味合いにそって作品を制作したり、また逆らう形で展示するのも自由とします。
 ただし、お寺の既存物は、歴史のあるものが多いため、どういった展示方法をするのかは、各住職と相談頂ければと思います。
 いずれにしても、各お寺の場所からインスピレーションを汲み取り、作品に生かすことが、oterartで展示するうえでのテーマとし、また楽しみにして頂けたらと思います。

* 作家さん同士で展示を希望する場所が重なった場合は、作家さん同士で話し合いしていただきます。
 基本的には先着順になりますので、なるべく第一回の説明会に足を運んで頂ければと思います。
 (第二回説明会では、場所が少なくなっている可能性があります。)
 尚、今回、金沢在住の特別招待作家を各お寺に一名ずつ招いておりますので、展示場所を優先して決めて頂くことに なります。

*作品を制作するにあたり、展示会場での制作を希望される方は、場所の都合等がありますので、
 各お寺の住職と相談して下さい。

* 制作期間中に、制作の為のお寺訪問や、質問などありましたら、是非各住職の時間の許す限り、対応させて頂き ます。
 また、8月初旬には、いずれかのお寺で懇親会を予定しております。 oterartをとうして、 
作家同士、また各住職、副住職を含め、親しく話し合い、学んでゆけることが、
このoterartのもっともな楽しみであり、創作であると考えています。



テーマについて


今回、oterartのグループ展では、一つの問いをテーマにしたいと考えています。
それは、「未来を考える、未来を創造する創作」ということです。
未来を考えることは、現在を知ること。そして現在を知ることは、過去から学ぶこと。
その学びの問いを、『美術、芸術作品とは、そもそも何の為に、何に向かって、何を創造しようとしているのか?』として掘り下げてゆける機会になればと願っています。

現代多くの美術、芸術作品の多くは、まず美術館やギャラリーといった、ホワイトキューブと呼ばれる真っ白な空間に展示され、その作品や、作者の意図がよりクローズアップされます。
作品の用途など、一切『他者』の制限を受けず、人の感性の緻密さ、ダイナミックで躍動感に満ちた、無限の自由の中の一滴に出会うことが出来たのでしょう。
その背景には、西洋の美術史が深く関わっていると想像できます。人と自然とを分け隔てた『個』としての人間観をもつ西洋の哲学、宗教観でもあり、現代アートは、その極みともいえるのでしょう。
一方で、日本の美術史を見てみますと、その作品は、一枚の襖絵(ふすまえ)であったり、花を生ける花器、床の間に掛ける掛け軸などは、四季折々の風情を深めてくれます。
また、お茶碗、箪笥、火鉢など、日常生活の中で親しみながら使い、楽しむものであったことがわかります。
人も自然の一部と感じて、文化や宗教観を創造してきた日本の先人達の美術史には、一個人の想いの中に、きめの細かい、また無限の『他者』(作品の用途や、展示場所、使う人や季節など)への
想いを配慮し、受け入れ、『個』を主張しないことで、かえって『個』が響いてくる、そんな作品が多くあるのだと思います。
現在に生きる私たちは、その両方の美術史に触れ、また、日常でも様々な文化観の中で暮らしています。

今回新たな試みとして、日本の文化であり、美術史そのものともいえるお寺を舞台にして、
その歴史を感じて頂き、現代という新しさを再確認し、「未来を考える、未来を創造する創作」、
さらには『美術、芸術作品とは、そもそも何の為に、何に向かって、何を創造しようとしているのか?』
ということから、問い直し、一緒に学び、考えられる機会になればと考えています。


また、このoterartをとおして、是非地域の方をはじめ、多くの方々に足を運んで頂き、この新たな試みを、美術の、また地域の新たな可能性として感じて頂ければ幸いに思っています。

スポンサーサイト
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

お寺の写真 その2
広誓寺の写真です。
山門

本堂前

坐禅堂

画像はクリックすると拡大します
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

OterArt(オテラート)までの流れ
簡単なOterArt当日までの流れ

6月と7月にオテラートの説明会を行います。
説明会に参加希望の方は、寺子屋の会事務局宛にご連絡頂きますようお願い申し上げます。

【寺子屋の会 事務局】
聞善寺:今井 優悲(もんぜんじ:いまい ゆうひ)
TEL: 076-261-7374  (午前10時から午後6時まで対応可能)
E-mail: hyoutan-1980@hotmail.co.jp


【6月20日(日)15時半〜】 第一回説明会 崇禅寺に於いて
      
*この説明会にご出席されて、oterartに参加の意思がある方は、3ヶ寺(広誓寺:こうせいじ-昌永町、崇禅寺:そうぜんじ-瓢箪町、聞善寺:もんぜんじ-瓢箪町)のどの空間で展示をするかなどの細かいところまで決めて頂きます。
同時にOterArtにボランティアスタッフとして参加して下さる方々も募集致します。主に展示や撤収のサポート、会場受付などのお手伝いをお願いしたいと思っております。

・説明会会場 崇禅寺(そうぜんじ 金沢市瓢箪町5-43) 
 TEL:(076)221-4803

【7月3日(土)15時から】 第二回説明会 崇禅寺に於いて

*第一回説明会にこられなかった方、もしくは第一回説明会に参加の後すぐに決定せず、しばらく考えてからやはり参加を望むという方に、3ヶ寺(広誓寺・崇禅寺・聞善寺)のどの空間で展示をするかを決めて頂きます。ただし、第一回説明会にて、展示する空間が割り当てられてしまう場合もございます。予めご了承下さいませ。
ボランティアスタッフさんへの説明も行います。

・説明会会場 崇禅寺(そうぜんじ 金沢市瓢箪町5-43) 
 TEL:(076)221-4803

【8月初旬】 懇親会
*詳しい日時・会場は未定ですが、OterArtに作品を出展してくださる作家さんと、ボランティアスタッフの方々との懇親会を行いたいと考えています。詳細が決まり次第、こちらのブログにてお知らせ致します。

【9月2日(木)】  作品搬入ならびに前夜祭
      
【9月3日(金)】  OterArt開幕
   
【9月12日(日)】 OterArt閉幕
           *作品の撤収作業ならびに反省会
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

お寺の写真 その1
聞善寺の写真です。
本堂の様子です


お寺の外観です

画像はクリックすると拡大します
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

oterart(オテラート)の概要
oterart(オテラート)




 今回、寺子屋の会において「oterart」という催しを開催します。
 その開催にあたって金沢在住の若手作家さん、金沢美術大学さんに
 協力をお願いしました。

1.内容
 金沢在住の若手作家、金沢美大生による、お寺の境内、本堂での展示。

2.会場
広誓寺(こうせいじ:昌永町)
崇禅寺(そうぜんじ:瓢箪町)
聞善寺(もんぜんじ:瓢箪町) 五十音順
 ※今後、笠市町、昌永町、瓢箪町周辺の寺院でこの催しに賛同して
  くださるところがあれば、その都度増えることもあります。
  
3.日時
 9月3日(金)〜9月12日(日) 各日11時〜17時

4.入場料
 基本的に無料。

5.広報
 インターネット、テレビ、新聞、ポスターでの告示およびパンフレットを配布。

6.対象
 地域を中心として、内外の沢山の人々。

7.参加人数
  作家20人程度。 ボランティアスタッフ10人程度。

8.ねらい
 歴史ある場所(お寺)を通して古きを学び、現代という新しさを再確認し、
「未来を考える、未来を創造する創作」について、一緒に学び、考えられる
 機会になればと考えています。
 また、この催しをとおしての地域の活性化並びにお寺を身近に感じてもらう
 ことも考えています。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■

寺子屋の会
石川県金沢市内の浅野川寺院群に属する、広誓寺(昌永町)・崇禅寺(瓢箪町)・聞善寺(瓢箪町)の20代〜30代の住職、副住職が集まり、現代における寺の在り方を模索し、かつての寺のように「学びの場」としての役割を担い、地域から親しんでもらえるような試みを考えるべく2009年の初冬に発足致しました。

古来よりお寺は寺子屋と呼ばれたように、学びの場として、また文化や情報の発信源として地域に親しまれて参りました。しかしながら、近年は、住環境や生活様式の変容などで、だんだんと地域性が薄れてきているように思います。最近では、お寺は葬式や法事をする場所というイメージを抱く方も見受けられるのではないかと思います。
しかし、かつてそうだったように、地域の方々にとって馴染み深いお寺を再確認し、今のこの時代だからこそ出来るお寺の役割を模索していきたいと考えています。

そこで話を進める中で、2010年8月〜9月にかけて、金沢美術工芸大学の学生さんを中心に、金沢近郊の若手作家さんにも参加して頂いて、「OterArt(お寺+アート)」というグループ展を開催致します。会場は以下の3カ寺。お寺の凛とした佇まいの空間での作品展は、きっと刺激的なものになると期待しています。詳細は「OterArt(おてらーと)」についてをご覧下さいませ。

広誓寺(金沢市昌永町13-25)  TEL:(076)252-3592 ホームページ

崇禅寺(金沢市瓢箪町5-43)  TEL:(076)221-4803 ホームページ

聞善寺(金沢市瓢箪町5ー33)   TEL:(076)261-7374 ブログ
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ご質問・ご連絡はこちらからお願いします。⇒■■ご連絡用フォーム■■
Copyright © oterart金澤 オテラート/お寺×Art-oterart金澤実行委員会-. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。